保育園で働くには

子供と保育士

資格を取得しましょう

将来保育士として働きたいという方に知っておいて欲しいことがあります。それは保育士として働くためには国家資格である保育士資格があった方が就職できる可能性が高いということです。資格がなくても保育園で働くことは可能なのですが、保育資格を持っている人が在籍していなければ保育園を運営できないという決まりがあります。そのため保育園では資格を取得している人を優先して雇うからです。資格を取得するためには、厚生労働省が指定する養成校を卒業するか、もしくは保育士国家試験を受験して合格しなければいけません。厚生労働省が指定する養成校を通って卒業するという方法であれば卒業と同時に確実に資格を取得することが出来るのでおすすめです。さらに幼稚園教諭免許も取得することが出来る保育士養成校もあります。しかも学校へ通えば授業で実習を受けることが出来るので働き始める前に職場体験が出来ます。子供が好きでなりたいけれど実際にはどんな仕事をするんだろうと考えている人には最適です。また就職のサポートを期待出来ることも学校をおすすめする理由のひとつです。保育士の学校へ入学し勉強するためには、学費が必要になります。学校によっては、奨学金制度を設けているところもあります。優秀な成績で入学した人や社会人の入学などで、一部の入学金や授業料を免除されることがあります。また、基本的には授業料は前期と後期の2回に分けて支払いますが、事前に相談すれば授業料の分割も可能になる学校もあります。こうしたシステムは学校のパンプレットなどに掲載されているので確認しておきましょう。